おつかれさまでした

夕方TV見てたら、魁皇が引退というテロップが流れた。
え~っsweat01魁皇~ついにそのときがきたのねcrying涙・涙~

今場所は記録に挑みながらも動きは「やっと」という感じでしたけど・・・千代の記録を超えたし、体力の限界なんてとおに越していたんだから・・・すばらしい力士だった。魁皇には、おつかれさまとありがとうのことばを言いたいです。
外国力士が多くなる中、昔からの「おすもうさん」ということばがぴったりだった魁皇。横綱の実力は十分だったのにケガに泣いたよね。これで相撲界はますますさみしくなります。
Photo
7月名古屋場所はひっそり行われ、NHKの放送もやってるから見てますが・・・・客席はガラガラ。すっきりしないままの相撲協会に離れていった人も多いようです。それでも白鵬は頑張ってるからね。えらい。

私はといえば・・・富士東応援してますのよ。良く見たら玉の井部屋の渋谷だったよ。彼がいつのまにか幕内に上がっていたのね。ビックリ~ 強くなってね!

ガチンコ!?

八百長騒ぎの大相撲 世間の声は厳しいぜ~
福祉大相撲も大相撲トーナメントも中止され、さぁ春場所はどうするか、開催が危ぶまれている。
「やらない方がいいに決まってるっていうか、やるなよ~」と息巻く私に息子が「いや、むしろやった方がいい」と言うではないか。
こんな騒ぎになったら八百長なんかできないから、春場所がまさに真剣勝負の取り組みに次ぐ取り組みになるはず。すごい緊張感でガチで勝負するとこが見れるかもよ~だって。
勝ち越しかけた7勝7敗同士の取り組みというのもすごいかもね~
見る側も相撲とる側もピリピリして、今までにない相撲が見られるのかも? これってどうなの???

ため息・・

このところ、まだプロとして1球も投げてない斎藤佑ちゃんのキャンプ一挙一動ばかりの報道にうんざりしていた私でしたが、きのう、すごいニュースが飛び込んできた。大相撲に八百長をうかがわせるメールのやりとりがあったという報道。
今までも、お約束のように勝ち越しで終わる相撲とか、無気力相撲的な取り組みがあったことは相撲を見ていればなんとなくわかるし、「なんでこうなる?!」という取り組みもあったと思う。一人、やたら強かった横綱もお金ばら撒いて勝ちを買っていたというウワサもあったしね。それが八百長かどうかはわからないけど~~~

ただ、相撲は江戸時代からの歴史の中では、スポーツで勝敗を求めるというだけでなく、庶民の娯楽であり興業的な見せ物でもあり、多くのファンは、そこいらはわかっていても目をつぶって楽しんでいたのではないかと思う。
けどね~今回のように、あからさまにお金と取り組み内容までがメールでこんなに軽くやりとりされての勝敗だったとしたら・・・しっかり八百長やってましたと証明したようなもの。そんな取り組みを見ていた自分がアホらしい。

協会はどうやって収集するのだろう。「やった」という力士を解雇して終わりにするのかしら。さかのぼってどんだけの力士が八百長していたか調べるのかね。どうなっちゃうのかね~
相撲協会のなかったことにしよう体制のツケが一気にきたということか。本当にまじめにやってた力士はかわいそうだ。そういう力士が何人いるのか知りたい。

これでしばらくは、相撲の話題になるだろう~ 

まったく・・・・

相撲好きの私としてはショックだ。ブログの記事として書きたくないけど・・・どうなってるんだ相撲界 
ここ数年、弟子の暴行死、薬物、横綱の暴力、暴力団が観戦、そして野球賭博って、次々の不祥事~ついにここまでかという感じ。確かに相撲見にいくと、昔ながらの伝統の重みを感じつつも目に見えぬ大金が動いているような雰囲気も感じる。でも関取たちも甘いんだろうね。ことばたくみに利用されてしまうのだ。国技館に「暴力団追放」とポスター貼る裏で賭博横行とは・・・仲介がいたりして軽い気持ちでやって罪の意識などなかったのかもね。
こうなると、昔から週刊誌なんかで八百長とか騒がれては消えていた話題も本当だったのではという気になる。アンケート結果(なんでアンケートなんだろ?!)野球賭博で29名って・・親方もいるし、芋づる式にもっと増えるような気がする。相撲とる人も目指す人もいなくなっちゃう。私の好きだった協会の八角親方(保志)が小さくなって謝罪してる姿は悲しい。協会はこの不始末をどう解決するんだろう。

優勝は、日馬富士

大相撲5月場所
大関になって苦しんでいた日馬富士も、今場所は吹っ切れたかのような相撲をとり・・・優勝戦線にからんでいた。終盤は混戦となったけれど、私の願ったような展開で?!今場所は見事に初優勝shineでした
初めて国技館に行ったとき、初めて会った力士が日馬富士(当時は安馬)だった。取り組み前だったけど、気安く握手してくれた当時はもう少し細身だった安馬が・・・優勝とは~ うれしい限りheart04これからも頑張って!!

おめでとう 日馬富士!!(でも、やっぱり安馬と言いたくなるよ)

14日目、日馬富士が朝青龍を破ったときはTVの前でビックリ!あんな負け方をした朝青龍をみたのは初めてだった(今まで散々他の力士を痛めつけてきていたんだけどさ)

初場所 初日

今年も相撲が始まりましたfuji 気分的に「もう見にいくのは卒業だよ」と思うのですが、TV観戦はやめられない。長年の夕飯作りながらモードの夕方の生活リズムで観ている。
なんだかんだと場所前から騒がれる朝青龍ですが・・今場所は正念場だsweat01う~ん、どうでしょうね~

初日はヒデが見に来るらしいと聞いていたので、画面にしがみついて?客席探した。そしたらヒデらしき人物を発見!チラっと映るたび「これヒデだよね」「ここだよ!」と息子らに教えるけど「そ~う?ホントに~」「どこよ~」と興味示さず。。。。けど私はヒデの動きばかり気にして取り組みを見過ごしたくらいの集中~
朝青龍が場内異常な興奮の中で勝ったとき、ヒデと思われる人物は、静かに拍手をしていた(かっちょいい)

そしたら、やっぱり~~ヒデだったわわわ 朝青龍は、初日なんとか勝ちましたscissors

ヒデは、よく桝席で見たよね。あのあたりの席って・・・招待席みたいなものなんだろうけど、ああいう一般群集の中で観戦するなんて、ある意味恐怖だろうと思う。相撲は皇室の人が見る席以外はアバウトだもんね。友情がなせること?なのかもね??? 
V6の三宅くんも前の方で見てたね。 夜、もう一度、今日の取り組みの番組でヒデの観戦ぶりをみちゃった

なお、パパはサッカー仲間との新年会にお出かけwine深夜帰宅したが・・・train高尾まで行ってしまったらしい

九月場所 千秋楽

行ってきました国技館dash
今回は、もう昨日の段階で横綱白鵬の優勝が決まっていたので、取り組みの楽しみは半減しながらの観戦でした

昼は駅前の花の舞という店でちゃんこ定食を食べました。今日の肌寒い陽気にはぴったりの塩ちゃんこだった♪国技館の雰囲気で作られた店内にびっくりして写メ撮ってた私のレンゲ(木製)の先が・・ガスの火で燃えてしまいましたdown

実物大の土俵を囲むようにして食事するのです。

お腹いっぱいになったところで・・・国技館へ~ 駅前でタクシー降りた猛虎浪と遭遇。すかさず握手paper

席を確認してからは、一人で館内ふらふら~ 売店前で玉乃島と握手paper
他の力士の出迎えにも行きました

琴奨菊

朝赤龍

稀勢の里
これは誰だっけ?

そうこうするうち母らと合流。今日は父が都合で来れなかったので、姪のしーちゃん(相撲部マネージャー)と観戦。いろいろ情報交換しながらの観戦おもしろかった。
私が国技館に通いだしてから、毎回遭遇する少年?!雅山ファンらしく手製のハチマキして阪神ウエアーに身を包む彼と今回もお会いしました。有名人?らしく、若い力士たちからも声をかけられていましたので・・・ちょっと記念に☆

この方はオリンピックおじさんsign03 この前、フジTVで特集やってたから「見ました」と言ったら「おもしろかったろ~ あれはうまくいったんだ」などとお話しました。あちこちで人気者☆

今回は優勝の決まった千秋楽ということで、なんだか取り組み全般に緊張感がなく?場内ざわつく感があった。時間も余っていたのか?間延びしてるふうだったな~  勝ち越しなどかかる力士は必死だったけどね。琴欧州も勝ち越したよ。
豪栄道も今場所はよかったね~!! そうそう結びの一番の前くらいかな~私らの席の離れた斜め前方の席ににスーッと座った金髪の人。誰かわからなかったけど周囲が騒然としていた。しーちゃんと誰だろね?と言い合っていたら、そしたらさ~YOSHIKIだった。 白鵬のお友達なのかしら?! 最後まで見て専用通路から帰っていったわ~~ 

優勝パレード また見ました!!白鵬うれしそうだった~

暗くてよく撮れなかったけど~雰囲気はあるよね☆
疲れたけど?!一日楽しい相撲観戦でした~happy01
 

角界大麻疑惑

あ~もうやんなっちゃうね~ 若の鵬に始まり・・・露鵬に白露山って・・・
そのこと自体もだけど、ホントに毎回対応が遅くて始末に終えない相撲協会downこの体質が急に変わるとは思えないけど。
ドーピングの検査をしておいて、陽性が出たのに「やっていない」という弟子を信じてるっていうのも、気持ちはわからなくはないけどさ~おかしな話だ。
そしてついに今日、北の湖理事長は辞任した。2名の力士は解雇だよ。

相撲界も、開かれた皇室じゃないけど?、伝承していくところは大事にしながら・・もっとわかりやすい世界に変えていかないと・・国技が孤立してしまうし、消えてしまう。 
あきれる混乱でしたけど・・相撲ファンとしては、悲しい。。。。相撲界の迷走は、いつまで続くのか~~~


Most Recent Photos