« 匠の技 | Main | 食事会 »

箱根駅伝 予選会

今年もやってきました箱根駅伝の予選会
今年は第85回の記念大会のため、予選通過は13校。出場校も46校という大きな大会でありました。

今年は出遅れないように、事前によく調べて、パパとマリンで8時に家を出て行きました。公園もこの日は7時半開園!

入り口でプログラムを買い、園内を大学名の旗をもった応援の人の流れにそって歩くうち駅伝の旗をもらったりもした。

園内で選手の走る姿が見られればいいという軽い気持ちだったのに、人の流れは違う方向に行く。どうしてかというとスタートが立川自衛隊の駐屯地からなので、なんとこの日は基地内に入ることができるのだ。ここに足を踏み入れることができるなんてね?!
法政大の応援が集まっていました。
飛行場?のスタート地点は近づけないけど、緊張感は伝わってきます。9時スタート!!で一斉に走り出しましたが、その姿は見えず~ パパは一周前のルートまで見に行って「かなり速いペースらしい」といって戻ってきた。

5キロ地点すぎのあたりでマリンと待っていましたら・・・来た~選手らが一気に走り抜けていった!ホントに速い走りで大勢の選手がやってくるのでびっくりだった。
今年は「全部日本人だよ」と隣にいた兄さんたちが話していた。
ここはトップ集団 先頭は東農大の選手 速っ!!この緑のパンツ、東農大 外丸選手が1位だったんですぜ~
同じチームでまとまって走るところもあれば、どんどん突っ込んでく選手も~ みんな頑張れ~
選手が基地から市街地に出ていくと、群集は基地から公園に戻り、それぞれ応援スポットに陣取る。私らは15キロ地点に行ってみた。しばし選手が来るのを待つ。道の向こう側には早稲田の渡辺監督が来ていた(偵察?)

15キロ付近では集団もばらけていた。選手らはかなりつらそうな表情で走り抜けていった。もうみんな必死よ~

主だったところが通過してから、今度はゴール近くに移動して応援!私の横に神大OBみたいな若者3名が通過人数を数えつつ声をからして応援していた。選手らはバテバテのスパート状態でした。
5キロ、15キロ、ゴール付近で、みんな違う表情だった。トップグループもすごかったけど、そこから20分くらい遅れても懸命に走る選手見てて感動して泣けてきた。箱根の山で倒れた順大の小野選手も上位で入っていった。
一番見たかった東海大の佐藤悠基は遅かった。どうしたんだろう(足が攣ってしまったそうだ)

全員ゴール後、集計にはいる。休んでいたら人垣が・・・おぉ若きエース(つーか息子と同じ年齢)東海大の佐藤悠基選手が目の前に~

みんながサインを求めていて、それにまじめに応じていたけど、ああいう場では、ちょっとかわいそうだったな

久しぶりの公園散歩でマリンも張り切っていましたが、やっぱちょっと疲れたねsweat01連日の工事から解放されて私もリフレッシュできたし~

ポイントが加算されるなどの集計の後、通過校発表は11時からだった
13校まで悲喜こもごものどよめき。涙を飲んだ14校めは、朝、写メ撮った法政だった。走りはよかったのに余裕はなかったのかな。残念だったよ。
集団走で勝ち上がった上武大が初出場になる。。拓大もいい走りしてた。明治の松本選手、後半、足が攣っての力走、ミーハー主婦的一押し選手です~?!)
思うような走りができなかった大東文化の住田選手が泣いていた。順大もきびしい現状のようだ。いろんなドラマがあるのねsweat02

家に帰ると、もう予選会の番組が放映されていた。記念大会ということと駅伝人気でか、今年の人出は去年の倍はいた。予選会をみて、箱根本選をみると、また違った感動があるのでしょうか?!う~ん、どうでしょう(長島監督のように言おう)

« 匠の技 | Main | 食事会 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

TVで応援していたけど~~~4秒差・・
惜しかったわネ!!! 工事の現場から逃れての楽しさ!!! ヨカッタ、ヨカッタ

天気もよくて、応援は盛り上がりました。
予選会とはいえ、近くで行われるのがうれしい

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80397/42850622

Listed below are links to weblogs that reference 箱根駅伝 予選会:

« 匠の技 | Main | 食事会 »

Most Recent Photos